端島(軍艦島)見学施設の供用再開について

2022年07月07日

本日長崎市より通達が届いております。

台風4号の接近に伴い、転落防止柵を撤去しておりましたが、台風通過後、被害がなかったことが確認されたため、本日、転落防止柵の再設置を完了しました。

つきましては、令和4年7月8日(金)から施設の供用(上陸)を再開します。

このような通達が届いておりますので、明日7月8日(金)より軍艦島への上陸が再開されます。

供用再開日 :令和4年7月8日(金) ~

弊社の軍艦島ツアーも、軍艦島上陸・周遊クルーズとしての運航を再開いたします。
ただし、天候等で欠航、また出航した場合につきましても、端島見学施設利用基準に基づいての運航となりますので、予めご了承ください。

【 端島見学施設利用基準 】
1.伊王島沖に設置された波高計の測定値が0.5メートルを超える時

2.許可事業者の船舶に設置された風速計の測定値が、端島周辺海域において5メートルを超える時

3.視界が、端島周辺海域において500メートルに達しない時

※伊王島沖とは、長崎港と端島(軍艦島)の中間にある島になります。 端島(軍艦島)周辺より距離にして10キロ程あります。
こちらの波高計の測定値を基準とするため、伊王島の海況と端島(軍艦島)周辺の海況とでは大きく変わる事もございます。
伊王島沖に設置された波高計での測定が、0.5メートルを超えている場合、端島(軍艦島)周辺の海況が穏やかな場合でも、基準を超えて上陸することはできません。
※上陸基準に関しましては、軍艦島運航会社全社一律の基準となります。

弊社のクルーズでは、軍艦島へ上陸できない場合は、軍艦島周遊 + 高島上陸コースへ変更となります。
帰港時間など変更はございません。予めご了承くださいませ。