一般のお客様

空席照会
WEB予約

ご予約済みの
お客さま

予約内容
確認

お電話でのお問い合わせはこちら

一般のお客様

空席照会
WEB予約

ご予約済みの
お客さま

予約内容
確認

Instagram

軍艦島の歴史

開坑から閉山まで

軍艦島の始まり

江戸時代後期の文化7年(1810年)頃に軍艦島で石炭が発見され、佐賀藩が小規模の採炭を行っていました。
その後、明治23年に三菱合資会社が島全体と鉱区の権利を買い取り、本格的海底炭坑として操業が開始されました。

出炭量の増加とともに人口が増え、最盛期には5,200人以上の人々が住み、人口密度は当時の東京の9倍とも言われたほどです。

島の拡張

軍艦島の多くが鉱場であり居住地がとても狭かったため、人口が増えるにつれて高層アパートが次々と建設されました。
また、島の周りを6回にわたって埋め立てる形で護岸堤防の拡張を繰り返し、およそ3倍もの面積に広がって現在の形になったのです。

人口の減少と閉山

しかし、エネルギー革命によって石炭から石油へと需要が移り、出炭量と人口が徐々に減少しはじめました。
そして昭和48年末に操業終了。翌年1月15日に780人の人々によって閉山式が行われました。

軍艦島には炭坑以外の産業がなかったこともあり、閉山時に暮らしていた2,200人の人々は島を去りました。それから今日に至るまで無人島となっています。

島内人口と出炭量の年次変化

軍艦島の歩み

1810年(文化7年) 端島で石炭を発見。当時は草木の無い水成岩の瀬であった。
1887年(明治20年) 鍋島氏が、第1竪坑を開坑。
(結果的に44mまで開削するが、明治30年の火災で閉鎖)
1890年(明治23年) 三菱が鍋島孫六郎から10万円で買収。
1895年(明治28年) 第2竪坑開坑。
(結果的に168mまで開削、昭和9年に改修完了し、追掘616mに及び、閉山まで採掘)
1896年(明治29年) 第3竪坑を開坑。
(161mまで開削し、昭和10年まで採掘)
1916年(大正5年) 日本最初の鉄筋高層アパートが完成。
1925年(大正14年) 第4竪坑開坑。
(353mまで開削、通常は排気用として使用。第2竪坑に支障がある場合に代用として使用。閉山まで採掘)
1974年(昭和49年) 端島砿1月15日に閉山。4月20日に無人化する。
1991年(平成3年) 台風19号により護岸が3カ所決壊。翌年復旧。
2015年(平成27年) 「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の1つとして世界文化遺産に登録