一般のお客様

空席照会
WEB予約

ご予約済みの
お客さま

予約内容
確認

お電話でのお問い合わせはこちら

一般のお客様

空席照会
WEB予約

ご予約済みの
お客さま

予約内容
確認

Instagram

軍艦島とは

軍艦島を世界遺産にする会 理事長が専属ガイドとしてご案内

近代化産業を支えた島、軍艦島

軍艦島の概要

「軍艦島」は長崎港の南西およそ19kmの海上にある島の俗称で、正式には「端島(はしま)」と言います。
現在は長崎県長崎市に属している軍艦島は、江戸時代後期に石炭が発見され、その後明治23年から本格的に海底炭坑として良質な製鉄用原料炭を供給してきました。

軍艦島の位置

軍艦島の繁栄と閉山

幅160m、長さ480m。東京ドームのグラウンドおよそ5個分という小さな島ながら、最盛期には5,200人もの人々が住み、東京の9倍を超える人口密度は世界一とも言われました。
軍艦島の半分は鉱場なので居住地がとても狭いためか、大正5年に日本初の鉄筋コンクリート造りの高層集合住宅である30号棟が建築されて以来、次々と高層アパートが建設されました。

また、採掘技術の発達とともに島のまわりを拡張。塀がぐるりと島を取り囲み、高層アパートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれることになりました。

小中学校のほか共同販売所、映画館や料理屋、娯楽場、病院など最先端の技術と都市機能を持つ炭鉱都市として栄えましたが、国のエネルギー転換政策を受けて昭和49年に閉山。
すべての島民が島を去ることになりました。

軍艦「土佐」に似た軍艦島
軍艦島から高島をのぞむ

そして未来へ

島内には危険な箇所も多く、建物の老朽化が進んでいることから、立ち入り禁止とされていましたが、現在は島の一部を整備し、限られたエリアではありますが、上陸・見学できるようになっています。

現在の島内

近年、海外の映画やテレビドラマ、ミュージックビデオのロケ地として使用されることで新たに脚光を浴び、多くの見学者が訪れています。
また、かつての島民らが「自然との共存を考える島」として軍艦島を保存する活動を行っており、平成27年7月には「明治日本の産業革命遺産」の一部として、世界文化遺産に登録されました。

軍艦島・島内ガイド

建物の詳細を見る

1号棟 昭和11(1936) 木造1階 端島神社
2号棟 昭和25(1950) 鉄筋コンクリート造3階 職員住宅
3号棟 昭和34(1959) 鉄筋コンクリート造4階 職員住宅
5号棟 昭和25(1950) 木造2階 鉱長社宅
6号棟 昭和11(1936) 木造3階 職員合宿
7号棟 昭和28(1953) 木造2階 職員クラブハウス
8号棟 大正8(1919) 鉄筋コンクリート、木造3階 共同浴場1階、職員社宅
12号棟 大正14(1925)以前 木造3階 職員住宅
13号棟 昭和42(1967) 鉄筋コンクリート造4階 公営住宅(教職員用)
14号棟 昭和16(1941) 鉄筋コンクリート造5階 職員社宅(中央社宅)
16号棟 大正7(1918) 鉄筋コンクリート造9階 鉱員社宅(日給社宅)
17号棟 大正7(1918) 鉄筋コンクリート造9階 鉱員社宅(日給社宅)
18号棟 大正7(1918) 鉄筋コンクリート造9階 鉱員社宅(日給社宅)
19号棟 大正7(1918) 鉄筋コンクリート造9階 鉱員社宅(日給社宅)
20号棟 大正7(1918) 鉄筋コンクリート造7階 鉱員社宅(日給社宅)
21号棟 昭和29(1954) 鉄筋コンクリート造5階 鉱員社宅、警察派出所
22号棟 昭和28(1953) 鉄筋コンクリート造5階 役場1階、公営住宅(公務員)
23号棟 大正10(1921) 木造2階 社宅1階、寺院2階(泉福寺)
25号棟 昭和6(1931) 鉄筋コンクリート造5階 宿泊所2階、職員社宅
26号棟 昭和41(1966) プレハブ2階 下請作業員飯場(旧船頭小屋)
30号棟 大正5(1916) 鉄筋コンクリート造7階 旧鉱員社宅(下請飯場)
31号棟 昭和32(1957) 鉄筋コンクリート造6階 鉱員社宅、共同浴場、郵便局
39号棟 昭和39(1964) 鉄筋コンクリート造3階 公民館
48号棟 昭和30(1955) 鉄筋コンクリート造5階 鉱員社宅、地下パチンコ屋
50号棟 昭和2(1927) 鉄骨2階 映画館(昭和館)
51号棟 昭和36(1961) 鉄筋コンクリート造8階 鉱員社宅
56号棟 昭和14(1939) 鉄筋コンクリート造3階 職員社宅
57号棟 昭和14(1939) 鉄筋コンクリート造4階 地下ピロティ商店、鉱員社宅
59号棟 昭和28(1953) 鉄筋コンクリート造5階 鉱員社宅、地下購買所
60号棟 昭和28(1953) 鉄筋コンクリート造5階 鉱員社宅、地下購買所
61号棟 昭和28(1953) 鉄筋コンクリート造5階 鉱員社宅、地下共同浴場
65号棟 昭和20(1945) 鉄筋コンクリート造9階 鉱員社宅、屋上幼稚園
66号棟 昭和15(1940) 鉄筋コンクリート造4階 鉱員合宿(啓明寮)
67号棟 昭和25(1950) 鉄筋コンクリート造4階 鉱員合宿
68号棟 昭和33(1958) 鉄筋コンクリート造2階 隔離病棟
69号棟 昭和33(1958) 鉄筋コンクリート造4階 端島病院
70号棟 昭和33(1958) 鉄筋コンクリート造7階 端島小中学校
71号棟 昭和45(1970) 鉄筋コンクリート造2階 体育館
ちどり荘 不明 木造2階モルタル造 小学校教員・家族アパート

※資料:「軍艦島実測調査資料」阿久井喜孝・滋賀秀實

30号棟・31号棟アパート
30号棟アパートは1916(大正5)年に建設され、当時の日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートで、グラバーハウスと呼ばれています。
鉱員住宅として建てられたこの建物は中が吹き抜けになっており、鉄筋コンクリート造としてもまだ試行錯誤の実験的段階でしたので、建築学会上大変貴重な建物です。
31号棟の1階には郵便局、公衆電話があり、地下には美容院と理容院がありました。
総合事務所
鉱山の中枢であったレンガ造りの建物。この島の司令塔的存在でした。軍事機密があり、子供達は入れなかったそうです。会社の職員を70〜80名詰め込んで、島内の指示を出していました。
このあたりには多くの建物がありましたが、現在ではそのほとんどが崩壊しています。
第二竪坑坑口桟橋跡
主力坑であった第二竪坑を含め、鉱山施設は現在ほとんど崩壊していますが、かろうじて第二竪坑へ行くために設けられた桟橋への昇降階段部分が残っています。第二竪坑の遺構は今ではこれだけです。
貯炭ベルトコンベアー
四角い枠がドミノのように立ち並んでいますが、この上にベルトコンベアーが乗っていました。精製された石炭はこの上を移動、貯炭場に蓄えられ、石炭運搬船に積み込まれました。今はその支柱が残っています。